You are my light

主にHey!Say!JUMP関連の感想を記録するブログ

坂道のアポロン

Hey! Say! JUMP 知念侑李 初主演映画の坂道のアポロン、観てきました。

何回も書いているけど、アニメを放送当時観ていました。
菅野よう子さんが音楽を担っていて、とても素晴らしかったことを覚えています。

割と実写化がし易い作品だとは思いますが、原作やアニメが人気なだけあって、映画化&主演が発表された時はやはり賛否両論ありました。
が、原作のイメージを壊すことなく、良い所を取り入れつつ2時間で上手くまとまっていると思いました。


この作品の1番のポイントであるジャズのセッションシーンが最高でした。
知念ちゃんも中川大志くんも未経験からみっちり練習して撮影に挑んだことは雑誌等を読んで知っていましたが、まさかここまでのクオリティだとは。
名シーンと名高い文化祭でのセッションも、想像を遥かに上回る素晴らしい演奏でした。演奏の素晴らしさ&2人の友情に私まで律ちゃんの気になって一緒に涙を流してしまいました。
他にも何ヵ所もセッションシーンがありますが、どれも本当に良くて、セッションを聴きにもう一度映画を観にいきたいくらい。やっぱり映画館での迫力ある音響で聴くとしびれます。サウンド・オブ・ミュージックのMy Favorite Thingsもジャズになるとこんなにかっこいいんだぞ。

主人公3人とも役にピッタリだったのですが、特に中川大志くんと小松菜奈ちゃん。2人ともアニメからそのまま飛び出してきたみたいでした。
知念ちゃんは普段の薫を演じている時より、ピアノを弾いている時が薫になりきっていて凄かったです。ピアノを弾くことが本当に大好きで、とても楽しそう。


北斗くんも、出演シーンは少しだけだったけど、あの時代の若者役がとても良く似合う。
ABCのとっつーとかもそうだけど、北斗くんも朝ドラとか似合いそう。朝ドラ観たことないけど。

 

同じジャズを題材とした漫画のBLUE GIANTが大好きなんですけど、もし実写化するとしたら今回の坂道のアポロン並みの演奏をしてくれないと、ですな。